秋山あゆの DELICIOUS + FOOD LIFE

株式会社DELICIOUS DESIGN(デリシャスデザイン)代表、株式会社HUGE(ヒュージ)企画&デザインマネージャー秋山あゆが綴るレストランやデザインのあれこれ!

DELICIOUS DESIGN(デリシャスデザイン)のメニュー制作実績ご紹介です!

5月にオープンしたての、Madam Mỹ 
(マダムミイ)のフードメニューデザイン!

 ▶︎



ジンジャーグラスは大人っぽく文字だけでデザインをしたのですが、今回のMadam Mỹ (マダムミイ)のフードメニューデザインはRIGOLETTO(リゴレット)のように料理イラスト/食べ物イラストを入れたメニューデザインにしました!


190509_MM_Food-01

190509_MM_Food-02

こちらが表紙と裏表紙のデータ。
三つ折りのメニューなので、向かって右側が表紙、デザートが載っている部分が裏表紙になります。

カラフルな生春巻きもイラストに!

madammy-1


foodillustration-02

他のメニューもRIGOLETTO(リゴレット)と同じイラストのトーンで描きました!
アジア料理をイラストにするのも可愛い!!

foodillustration-03


カラフルで美味しそうな料理!
今回のメニューデザインもとってもお気に入りです。



メニューデザインをする時に意識をすることは、

・お客様が見てわかりやすいか / 流れができているか
・お店のコンセプト / ブランドと合っているか
・お店や料理人が売りたいメニューを明確におすすめできているか
・メニューを見て「美味しそう!食べたい!」って思ってもらえるか


このようなポイントを大切にしています。

デザインがカッコいいメニュー = 良いメニューデザイン
が決してイコールではないんですよね。ここのバランスが難しいところで楽しいところでもあります。

食のデザインを専門にやっている私たちだからこそ、伝えられるメニューデザインをクリエイトしていきます!







190115_DD_Bunner_700px1



 

about_image_syuugou

DELICIOUS DESIGN (デリシャスデザイン)の新ブランド!
デザイナーが描く、壁画・チョークアートのサービス
 ON THE WALL (オン ザ・ウォール)をリリースしました!

 ▶︎ ON THE WALL WEBサイト



ON THE WALL [オン・ザ・ウォール]とは??

デザイナー・アーティストが描く 壁画 / 黒板アート / チョークアートのサービスです。 カフェやレストランの飲食店から、サロンやアパレルショップのインテリア、イベントでのライブペイント、ウエディングのウエルカムボードまで、幅広くオリジナルのアートをオーダーしていただけます。

OTW_TOP_slider1


「お店を印象付けるアイコンが欲しい!」

「空間イメージを変えたい!」

「黒板の看板を描くんだけどいつもイマイチ
「カッコイイ海外風のインテリアに合った黒板にしたい!」

そのようなリクエストにお答えします!


アートのイメージをしっかりとヒアリングし、アート・施工内容をご提案させていただきます。何も無い場所に、ストーリーを描きこみ、空間に付加価値をプラスします。

・店舗ロゴ + キーカラー・キービジュアル
・パッと目について、印象に残るアート
・お店の商品を撮影する時にぴったりの背景になる壁
・お店のストーリーを表現しているアート
・思わず写真に撮りたくなるアート
・商品・売り・コンセプトが的確に伝わる黒板アート/チョークアート


このようなアートサービスをご提供いたします。

アートディレクターが全体のアートを統括、複数のスタッフでの施工が基本になります。デザイン会社が運営しており、制作スタッフ・ディレクターも全員デザイナーなので、アーティストの個性だけが出る壁画ではなく、ご依頼主さまが求めるデザイン・アートをご提案できるようにいたします。スタッフ全員、イラスト・デザインに精通しているスタッフばかりなので、クオリティの高いアートをご提供いたします。


IMG_2345s


デリシャスデザインでお仕事をしている中で、大々的に「黒板/チョークアートやっています!」「壁画描けます!」と、言っていなかったのによくオーダーをいただく、チョークアートや壁画。
沢山の需要があるのなら、もっと多くの人に届けたい!と、思い新ブランドを立ち上げました。

お店の黒板で困っている・・・
印象を変える壁にアートが欲しい!など、いつでもご相談下さい!

 ▶︎ ON THE WALL
 







 



190115_DD_Bunner_700px1


↑このページのトップヘ